山形大学大学院工学研究科有機デバイス工学専攻 Home 交通アクセス お問い合わせ English
Department of Organic Device Engineering
専攻紹介
教職員一覧
カリキュラム
受験案内
受験案内
クイックリンク

 山形大学
 山形大学工学部
 
専攻紹介
有機エレクトロニクスのエキスパートを育成
 有機分子やポリマーといった有機材料を用いて電子デバイスを作製する「有機エレクトロニクスデバイス」は、薄くて軽い、折り曲げられる、印刷によって安価に大量生産できるなど、現在主流のシリコン半導体とは異なる新しい半導体技術として期待されています。

 その中でも、有機薄膜に電流を流して光らせる有機ELは、最も薄く美しいディスプレーとして既に実用化が始まっており、また一方では蛍光灯に替わる省エネルギーな照明デバイスとして注目されています。他にも、有機トランジスタ、有機太陽電池など、新しい有機デバイスに関する研究が近年急速に発展しており、我々のライフスタイルに大きな変化がもたらされようとしています。

 山形大学大学院理工学研究科有機デバイス工学専攻は、従来の学問体系の枠組みを超えて、有機デバイスの専門的知識を持った人材の育成を目的として設立された、日本で初めての専攻です。有機デバイスという将来性豊かな新しい分野で日本が世界をリードするために必要不可欠な、高い専門性と広い学識的視野を持った、将来的に企業でリーダーとして活躍できる人材を育てることを目標としています。
 
 
copyright(c)2006 Department of Organic Device Engineering. All rights reseaved.